このページの先頭へ

ワキガの原因ってなに?

ワキガの原因ってなに?

 

 

ワキガの臭いは、アポクリン線という汗腺から出る汗を、細菌が分解することで発生します。

アポクリン線から出る汗には、脂質やたんぱく質、糖質、アンモニアなどが多く含まれていて、これらの臭いの原因物質を皮膚上にいる常在細菌が分解することで、あの独特のワキガの臭いが発生します。

 

 

汗腺と皮脂腺の種類と役割

 

私たちの体には「エクリン線」と「アポクリン線」という汗腺(汗を出す器官)と「皮脂腺」という皮脂を出す器官があります。ワキガのことをよく知るためにもご説明しておきます。

 

アポクリン線

アポクリン線は、「耳の中」「」「乳輪周辺」「へそ周辺」「陰部周辺」「肛門周辺」にある汗腺です。

 

上記でもご説明しましたが、わきがの原因の汗を出す器官で、脇から臭うのが「ワキガ」、乳輪周辺から臭うのが「チチガ」、陰部周辺から臭うのが「すそわきが」と言われています。

 

元々は全身にあって、固体を識別したり、異性を惹きつけるための臭いを出す器官だったのですが、現代人にはあまり必要なくなったので、退化して今の部分だけになったようです。

 

エクリン線

エクリン線は、ほぼ全身にある汗腺です。

 

エクリン線から出る汗は、99%が水分で残りの1%にアンモニアやカリウム、カルシウム、ナトリウムなどが含まれています。アポクリン線と比べて臭いの原因物質が少ないので、細菌に分解されてもそこまで強い臭いはなく、いわゆる汗臭いという臭いです。

 

エクリン線は、汗を出すことで体温を調節するための器官です。汗を出して汗が蒸発するときに体温を奪って身体を冷やしてくれます。

 

皮脂腺

皮脂腺は、毛穴とくっついているので、毛のあるところに必ずあります。

 

皮脂腺から分泌される皮脂には、トリグリセリドや遊離脂肪酸、スクワレン、ロウエステルなどが含まれていて酸化すると臭いが発生します。有名なのが「ノネナール」という物質で加齢臭といわれているニオイです。

 

皮脂腺は、皮脂を分泌して肌の乾燥を防いだり、有害物質の侵入を防いだりする役割があります。

 

 

まとめ

 

ワキガの臭いが発生するメカニズムは

 

  1. アポクリン線から汗が出る。
  2. 細菌が汗に含まれる臭いの原因物質を分解する。
  3. 独特のワキガ臭が発生する。

 

この流れで発生しますので、ワキガの臭いを抑えるのに重要なことは「アポクリン線から出る汗を抑えること」と「菌の繁殖を抑えること」と「2つを持続させること」が重要です。

 

 

ワキガの臭いを抑える3つのポイント

 

生活習慣を見直す

ジャンクフードのような油分が多い食べ物や、香辛料が多く含まれているのもを日常的に食べていると、アポクリン線が刺激されてワキガ臭が強くなってしまいます。

 

和食中心で野菜を多く取る食生活に変えることで、わきがの臭いを軽減させることが出来ます。

 

また、煙草やお酒もアポクリン線を活発にしますので、ワキガの臭いを抑えたいのであれば止めたほうがいいでしょう。

 

 

手術をする

手術でワキガの原因のアポクリン線を摂ってしまえば、わきがの臭いはしなくなります。

 

ただ、傷跡が酷いことになってしまったり、臭いが再発してしまったり、脇以外の臭いが強くなったりとリスクも多くあるようです。

 

手術は、医師によって結果が大きく左右させるようなので、病院選びは慎重にすすめる必要があります。

 

 

効果的なデオドラント製品を使う

ワキガの臭いを抑えるのに一番手軽で手っ取り早いのは、デオドラント製品でケアをすることです。

 

ワキガの臭いは、アポクリン線から出る汗と、菌の繁殖を抑えることが出来れば、防ぐことが出来ます。

 

ワキガの原因菌の殺菌力が高く、汗をしっかり抑えてくれて、この二つの効果が持続するデオドラント製品を使うことで、効果的にわきがの臭いを抑えることが出来ます。

 

 

>>私のワキガを解消してくれたデオドラント製品の体験口コミはこちら