このページの先頭へ

社会人になってからのワキガ体験について

社会人になってからのワキガ体験について

 

24歳 女性 大阪府 F.Uさんの口コミ

 

社会人になってからのワキガ体験について

 

ワキガは昔からあったのでしょうか。遺伝性のものであることも言われてるようです。

 

本人が気づいてワキガの除去手術をしたり、薬や制汗剤等で予防したりすれば良いのかもしれませんが、私の周りでワキガをお持ちの方々は全員男性で、当然自分本人はワキガだと気づいていませんので、対策も何もしていないようです。プライベートで友人のオーストラリア人の男性やアメリカ人の男性にワキガの方がいました。

 

ある時(真夏)、私はその方のバイクの後部席に乗せてもらう機会があったのですが、その日初めて彼がワキガだと気づきました。気づいた時から、楽しいバイクライドもそっちのけ…。バイクの後部ですから、手を前に組んで密着するシチュエーションになるわけで、乗り降りの際はちょっと気合いを入れてのぞんでました。

 

プライベートでは会わないことも可能ですのでまだ良いのですが、毎日会う職場で同室の上司がワキガの持ち主だとかなり精神的に辛いものがあります。なるべく事務室は窓の換気をし(不自然な位頻繁に)、またはドアを開けたままにしてみたり…。出張で狭いエコノミークラスの飛行機に隣同士で乗るときは拷問級です。でも、本人は気づいてないですし、気づいたら一番辛いのは本人ですので、ひたすら上司が転勤するまで同僚達とワキガに耐えていました。

 

ワキガは本当にデリケートなモノだと思います。急に自分自身もワキガじゃないだろうかと心配になり友人にダイレクトに聞いてみたり。本人が気軽にクリニックを受診できたり、双方にとって何か効果的な対策があればと節に願います。

 

 

 

 

やはり、わきがの臭いを不快と感じる人が多いので、しっかりとケアをしないといけませんね。


 

ノアンデを実際に試してみた体験口コミはこちら