このページの先頭へ

わきがの手術って失敗するの?手術のリスクと失敗例!

わきがの手術って失敗するの?手術のリスクと失敗例!

 

今まで色々試したけど・・・もう手術するしかないか・・・

 

ワキガは本当に辛いので、多少のリスクがあっても、この臭いから開放されるなら!という思いで手術を決意される方が多いと思います。

 

ですが手術をすれば100%ワキガの臭いから開放されるわけではなく、当然ですが失敗することもあります。手術の失敗により手術をする前より悩みが深くなってしまう方もいるようです。

 

ということで、ここではワキガの手術ことや失敗例などをご紹介します。

 

ワキガの手術って何をするの?

 

ワキガの手術方法はたくさんありますが、手術の目的はアポクリン線という汗腺(汗が出るところ)を切除する、または破壊して機能させなくすることです。

 

わきがの臭いの原因は、アポクリン線という汗腺から出る汗を細菌が分解することで発生します。※詳しくはわきがの原因ってなに?をご覧ください。

 

アポクリン線を手術で摂ってしまって、ワキガの臭いの原因を元からなくすことがワキガの手術の目的です。

 

ワキガの手術失敗例1.「臭いが再発する!」

 

ワキガの手術をしても、臭いが再発してしまう人が結構いるようですが、原因はアポクリン線の取り残しです。

 

ワキガの手術が成功するか失敗するかは、医師の技量に左右されることが多いようなので、下手な医師が担当になってしまうと、臭いが再発してしまう可能性が高くなります。

 

ですが、うまい下手の判断が結局は手術結果から判断することになるので、難しいところですね。

 

 

ワキガの手術失敗例2.「傷跡が残る!」

 

ワキガの手術はメスを入れるので、大なり小なり傷跡が残ります。

 

最近は傷跡が小さくてすむ手術方法もありますが、傷跡が残りにくい手術方法だとアポクリン線の取り残しが多くなり、臭いの再発の確率が高くなるというリスクがあります。

 

術後に傷が残るかどうかも、医師の技術に左右されます。

 

脇のシワと同化してほとんど目立たない場合もありますし、逆に傷跡が酷い状態になったり、引きつれをおこして術後何年たっても違和感を感じている方もいるようです。

 

同じ手術方法でも医師によって結果が違ってくるので、病院は慎重に選ぶ必要があります。

 

 

ワキガの手術失敗例3.「脇以外の臭いが強くなる!」

 

ワキガの原因のアポクリン線は、脇以外の「耳の中」「乳輪周辺」「へそ」「陰部周辺」「肛門周辺」にもあります。

 

陰部周辺からワキガの臭いがすることを「すそわきがorすそが」乳輪周辺からワキガの臭いがするのが「チチガ」と呼ばれています。

 

ワキガの手術をして脇のアポクリン線を摂ることによって、脇以外のアポクリン線の臭いが強くなってしまったいう方が多くいるようです。

 

医学的には起こりえないという医師が多いようですが、現実には臭いが強くなったと感じている方がたくさんいるようです。

 

 

ワキガの手術失敗例3.「脇以外の汗の量が増える!」

 

ワキガの手術は、脇のアポクリン線を取り除く手術なのですが、アポクリン線だけを取り除くというのは難しいようで、エクリン線(全身にある普通の汗をかく汗腺)や毛根、皮脂腺なども一緒に取り除くことになります。

 

脇の汗腺を取り除くことによって、代償性発刊と言って他の部分の汗の量が多くなることがあるようです。

 

わきがの手術は真剣に考えてから行いましょう

 

ワキガは本当に辛いことが多いので、手術をして開放されたいという気持ちは、私もワキガなので痛いほど分かりますが、ワキガの手術には、失敗というリスクがあることをしっかりと理解して慎重に考える必要があります。