このページの先頭へ

ワキガは脱毛すると治るの?悪化するの?

ワキガは脱毛すると治るの?悪化するの?

 

 

ワキガに悩んでいる方はワキガについて色々調べていると思うのですが、「脱毛するとワキガが治る!」という情報と「脱毛するとワキガが悪化する!」という正反対の情報があって「どっちが正しい情報なの?」と混乱しませんか?

 

もしも脱毛をするだけでワキガが治るならもうけもんなので、脱毛とワキガの関係を詳しく調べてみました。

 

 

ワキガの原因

 

ワキガの原因を知ることで、ワキガと脱毛の関係もしっかりと理解することが出来ますので、まずはワキガの原因をご紹介します。

 

私たちの体には「エクリン線」と「アポクリン線」の二種類の汗腺(汗が出るところ)があります。

 

ワキガの臭いは、アポクリン線から出る汗を雑菌が分解すると発生します。菌がアポクリン線に含まれている臭いの原因物質をエサにして排出されるのがワキガの臭いということです。※詳しくはワキガの原因ってなに?をご覧ください。

 

 

ワキガと脱毛の関係を医師に相談してみた

 

 

脱毛をすることでワキガが治るという情報がありますが本当ですか?


 

 

脱毛をしたからといってワキガが治るということはありません。

 

ワキガの原因のアポクリン線は、生まれつきの体質で数が決まっていて成長の過程で増えたり減ったりするものではありません。脱毛をしてもワキガの原因のアポクリン線はなくなりませんので、ワキガが治るということはありません。


 

 

ネットなどを見ていると脱毛をすることでワキガが治ったという情報があるのですがどうしてでしょうか?


 

 

ワキガ体質が脱毛によって変わることはないのですが、人によってはワキガの臭いが軽くなる可能性はあります。

 

ワキガの臭いの大きな原因の「菌」は、毛根部分に多く繁殖する傾向があります。脱毛にすることで毛根がなくなれば雑菌も減少しますので、臭いが軽減される可能性があります。

 

また、電気凝固法で脱毛した場合に臭いが軽減される場合があるようです。電気凝固法は毛穴より細い金属の棒を毛穴に入れて、電機を流し毛根を焼くという脱毛法なのですが、アポクリン線は毛穴とつながっていますので、アポクリン線の一部が焼かれて機能が低下するからではないかと言われています。

 

このように一時的にでもワキガ臭が軽くなることでワキガが治ったと勘違いしてしまう方がいるのかもしれませんね。


 

 

反対にワキガが悪化したという情報もあるのですが、これはどういうことなのでしょうか?


 

 

確かに脱毛することで臭いが強くなってしまったという方がいることは事実なのですが、現状でははっきりとした原因はわかっていません。

 

今現在有力なのは、脱毛によって毛穴とつながってるアポクリン線が刺激されて一時的に臭いが強くなってしまったというものです。あと脱毛後の残った毛穴に皮脂がたまりやすくなって皮脂が酸化してしまうからだともいわれています。

 

また、レーザー脱毛をすると多汗症になる方が多くいて、原因はエクリン線が刺激されることで汗の分泌が活発になることだといわれていますが、エクリン線の汗の分泌量が増えることでワキガの原因菌やアポクリン線から出る汗が拡散されて臭いが強くなったと感じるからだとも言われています。

 

ワキガが治ったと思ってしまう理由と同じように、臭いというのはデリケートな問題なのでちょっとした変化にも敏感に反応してしまう方が多くいるようです。さらに嗅覚というのは不安定な感覚なので主観的な思い込みが大きく影響を与える場合もあります。

 

脱毛が臭いに多少の影響を与えることはありますが、脱毛によってワキガではない方がワキガになったり、ワキガの方がワキガではなくなることはありませんよ。


 

まとめ
  • 脱毛してもワキガは治らない
  • 脱毛することでワキガの原因菌が減って臭いが軽減される可能性がある。
  • 脱毛することで汗の量が増えて臭いが強くなる場合がある。

 

脱毛することで一時的に臭いが強くなったり弱くなったりすることはあるようですが、ワキガ自体が治ることはないようですね。確かによく考えてみると、脱毛するだけでワキガが治るならワキガの手術なんで存在しないでしょうし、こんなにワキガで悩む人もいないですよね・・・

 

やっぱり臭いを抑えるために生活習慣を気をつけたり、自分にあったデオドラントを使うなどして地道なケアが必要ということですね。

 

 

>>私のワキガの悩みを解消したワキガクリーム「ノアンデ」の体験レビューはこちら